セールスフォース ドットコム (CRM) 購入

やっぱ時代は米国IT株だよね!ってことで、買っちゃいました。

 

欲しいと思ってからずっと下がるの待ってましたが、上がる一方なのでもう買っちゃいました。

 

@157.63で50株。

 

このまま上がるといいな。

 

今日のタイム買収報道でも「IT企業創業者」と記載されている通り、まだあんまり日本では知名度高くないのかな。

猫でもわかるETF

ETFなるものがおすすめと聞いて、インベスター猫なりに調べてみました(違ってたら教えてね)

 

ETF=Exchange Traded Fundの略で、上場投資信託

 

ETF(上場してる)と普通の投資信託(上場してない)の大きな違いは下記5点。

 

①コスト

ETF は上場しているので、売買の都度、売買手数料がかかる。最近はノーロード投信(売買時の手数料がかからない投信)もあるので、それと比べると手数料分コストが高くなる。

・が、ETFは、一般的に信託報酬が投資信託より安い。

→よって、長期保有を前提とすれば、信託報酬が低いETFを買う点にメリットあり

 

②取引価格

ETFは上場しているので、時価。投信は基準価格。基準価格は一日一回算出される一口当たりの値段。基準価格は前日のものが公開されているので、取引時に値段がずれるリスクあり。

 

③再投資

・投信は分配金の再投資を選択すれば、自動的に再投資できる。ETFではそれができないので、手動で行う必要あり。

 

④リターン

・基本的にはパッシブ運用のものが多い。パッシブ運用とは指標連動で運用すること。コストが低いが、利幅も基本的に大きくなりにくい。対するアクティブ運用とは、ファンドマネジャーなど人による分析、判断によって運用される。コストは高くなるが利幅が大きくなることも。つまりパッシブ運用のETF は投信や個別株ほどの大きなリターンは期待できない。

 

⑤配当

ETFは利益から配当を出す(と法律で決まっている模様?)。一方の信託は、利益が出てなくても資産を削って配当することもできる。

 

まとめると、、ETFは大きなリターンは期待できないけど、長期保有なら信託報酬も低いし、持っててもいいかも?

 

インベスター猫のポートフォリオは株式中心なので、債券のETF購入を検討しています。でもじゃあどのETFを買えばいいのかな?

 

私がメルカリを買わない理由

なにかと話題のメルカリ。インベスター猫も利用したことあります。最初は楽しかったんですが、だんだん面倒になって飽きました。送る手間暇考えると利幅高いものってそうそうないし。インベスター猫には向いてなかったです。

 

それはさておき。

 

メルカリの成功は米国展開が鍵を握るなんて言われてますね。米国はガレージセールなどで中古品の売買が浸透しているから市場が大きいから有望だのなんだのって論評も見ましたが、インベスター猫はうまくいかないと思ってます。だって、いちいち写真とって情報入力して梱包して発送って、、そんな面倒なことアメリカ人しないでしょって。高価なものはオークションだろうし、廉価なものはそんな手間暇かけて売るくらいなら捨てるかまとめてガレージセールか教会への寄付なんじゃないかなぁと思います。イーベイとかもあるしね。アメリカ人じゃないからわかんないけど。

 

でも数少ないユニコーンなので頑張って欲しいなぁと応援はしてます。

泥舟ライザップ?

IPO当選はまるもうけ!というような記事を読んで端から申し込んだインベスター猫。唯一あたったのが、6月に公募増資・売出したライザップ。

 

いまマイナス15%.....といっても額が少ないので損も25,000円だけですが。

 

12日付の日経でも負ののれんについて書かれてましたね。

 

よく調べないで買ったインベスター猫「やばいやん。」

 

ライザップについてはバクチの心づもりで見守ろうと思います。でもいまいち思い入れが浅いな。やっぱり持っててトキメク株を買わなくちゃだな。いまは手持ちで好きな株があんまりなくて口座をみてもつまんないです。(赤字ばっかりだしね)

東芝四年ぶり復配検討

東芝が復配検討であることが13日付の日経で報道されましたね。

 

インベスター猫は@300円で2,000株持ってます。いまのとこ+4.67。いっとき+15%くらいいったときに売ればよかったなーとも思いますが、ファンドが入ってるから株主還元もされてくと期待してもう少し持っておこうと思います。

頑張れ東芝!の気持ちも込めて。